前立腺がんの病期(ステージ)

   
   前立腺がんの病期にはTNM分類とABCD分類がある   
       
       
「前立腺がんの治療」ホームへ
 
   

前立腺がんの病期(ステージ)

 
前立腺がんの原因 
主な症状
前立腺がんの生存率
検査・PSA 
生検とグリソンスコア
前立腺生検 
前立腺がんの病期 
ノモグラムとは 
リスク分類
各腫治療法 
治療法の選択 
手術
放射線療法 
外部照射による治療
ブラキセラピー
内分泌療法 
抗がん剤治療 
無治療PSA監視療法
HIFU(ハイフ)治療 
再発・合併症対策 
骨転移 
再発と再燃への対処
尿失禁の対策 
リンパ浮腫の対策 
性機能障害の対策
排尿・排便障害 
内分泌療法の副作用
患者の食事の注意点
日常生活の注意点 
緩和ケア
疼痛の緩和 
前立腺肥大症とがん 
      
   

病期(ステージ)は,がん細胞を切り取り,顕微鏡で確認


がんは,発生する部位や細胞組織によってそれぞれ悪性度や性質が異なります。

前立腺がんの治療方針を決める判断材料として,最も重要なものが病期分類です。

前立腺の分類法には,,TNM分類とABCD分類があります。

TNM分類は,国際対がん連合(UICC)が作成した国際基準の分類であり,ABCD分類は,日本国内で採用されてきた分類法です。

TNM分類とは,腫瘍の大きさ=T(tumor),所属リンパ節転移の有無=N(nodes),遠隔転移の有無=M(metastasis)の3種類に分けて分類しています。

ABCD分類では,進行度に応じて4段階に分けています。

ABCD分類は,TNM分類のように複雑ではなく,Dに行くにしたがって進行しているというわかりやすい側面もありますが,現在では,より詳しい分類が可能なTNM分類が主流となっています。












病期−TNM分類


TNM分類では,Tは前立腺内の腫瘍の広がり具合を表します。

T1とT2は前立腺内に腫瘍がとどまっている場合,T3は被膜を破って外まで進んでいる場合,T4は前立腺付近の膀胱,尿道,直腸など広がっている場合を意味します。

Nはリンパ節にがんの転移があるかないかを示し、NO(転移なし)とN1(転移あり)に分類されます。

Mは,骨,肝臓,肺など前立腺から離れた部位にがんの転移があるかないかを示し,M0(転移なし)とM1(転移あり)に分類されます。

たとえば「T2N0 M0」の場合, 「腫瘍は前立腺に限局し,リンパ節転移も遠隔転移もない。」ということを意味しています。

また,「T3aN1MO」の場合,「腫瘍は前立腺の外まで広がり,所属リンパ節転移はあるが,骨などへの遠隔転移はない。」という意味になります。
   
 
 スポンサードリンク
   
 
 
 
 
 
         
限局がん     局所進行がん    転移がん
T1a  T2a  T3a  N1 
直腸診・画像検査で発見不能,切除した組織の5%以下に発見
腫瘍が片葉の2分の1にとどまっている 前立腺の皮膜を越える 前立腺近くのリンパ節にがんが広がっている
       
 T1b  T2b   T3b   M1 
直腸診や画像検査で発見不能,切除した組織の5%以下に発見 腫瘍が前立腺の片葉の2分の1を越えるが両葉には及ばない  腫瘍が精のうまで広がっている  前立腺から離れた骨肺,肝臓,リンパ節等に遠隔転移がある
       
  T1c  T2c   T4  スポンサードリンク

直腸診や画像検査で発見不能,PSA値上昇により生検で確認 腫瘍が両葉に広がっているが前立腺内にとどまっている 腫瘍が精のう以外の隣接臓器に広がっている 




病期−ABCD分類


ABCD分類はジュエット分類とも呼ばれるもので,日本泌尿器科学会と日本病理学会の前立腺がん取り扱い規約で採用され,これまで主に国内で使用されてきました。

これは大きく,A=偶然発見されるような腫瘍,B=前立腺内に限局する腫瘍,C=前立腺の被膜を越えているが転移のない腫瘍,D=明らかな転移巣が認められる腫瘍,の4つに分類されます。

現在の治療現場では,TNM分類が採用される率が高いようです。しかしABCD分類も、Dへ行くにしたがって進行しているといったように,YNM分類のように複雑ではないため,患者にとって分かりやすい分類法といえます。


 偶発性       限局性       局所浸潤性       転移性
 A  B  C  D
直腸診・画像検査で発見不能,手術などで偶然発見 前立腺内のみに腫瘍が存在している状態  前立腺から少しだけ出ているが他に転移はない  リンパ節や骨などに転移がある 
     
                 

 
  
   末期でもあきらめない! 世界が認めた抗ガン漢方薬! サンプル無料!
 
 
Copyright(C)2015 All Rights Reserved 
webmaster  k.kobayashi