リンパ浮腫の対策 前立腺がんの合併症 

  リンパ浮腫は前立腺がんの治療後にみられる合併症
       

  

「前立腺がんの治療」ホームへ
 
   

リンパ浮腫・前立腺がんの合併症対策 

   
前立腺がんの原因 
主な症状
前立腺がんの生存率
検査・PSA 
生検とグリソンスコア
前立腺生検 
前立腺がんの病期 
ノモグラムとは 
リスク分類
各腫治療法 
治療法の選択 
手術
放射線療法 
外部照射による治療
ブラキセラピー
内分泌療法 
抗がん剤治療 
無治療PSA監視療法
HIFU(ハイフ)治療 
再発・合併症対策 
骨転移 
再発と再燃への対処
尿失禁の対策 
リンパ浮腫の対策 
性機能障害の対策
排尿・排便障害 
内分泌療法の副作用
患者の食事の注意点
日常生活の注意点 
緩和ケア
疼痛の緩和 
前立腺肥大症とがん 
        
   

リンパ腫は前立腺がんの手術で,リンパ節郭清などにより発生。



リンパ浮腫は,前立腺がんに限らず,乳がんや子宮がんなど,がんの手術としてリンパ節切除をおこなったり,放射線療法後に発生しやすい合併症です。

リンパ浮腫とは,老廃物を運ぶリンパ管の流れが悪くなり,体液が滞ることによることをいいます。

リンパ浮腫は健康なときに起こるむくみとは異なり,重症化すると腕や足が大きくむくんだり。皮膚炎となることもあります。

手術直後に発症する場合もあれば,10年後に発症することもあり,個人差が大きい合併症ともいえます。

前立腺がんでは,治療後にリンパ管やリンパ節がダメージを受けると,足から心臓に戻るリンパ液の流れに障害が起きやすくなり,リンパ浮腫の症状であるむくみが起こります。

リンパ浮腫は,生命にかかわることはありませんが,放置しておくと日常生活に支障をきたしたり,細菌感染などによる合併症が起こるリスクもあります。


多くの場合,痛みは伴いませんが,感覚が鈍ったような違和感,だるい感じなどの不快感を伴います。


多くの場合,リンパ浮腫は一度発症すると元に戻らす,自然によくなることはありません。

しかし,適切な治療を受け,日常生活に注意することで,症状を軽減させ,QOLを改善することは可能です。

前立腺がんの手術後にむくみが出たら,重症にならないうちに,早めに医療機関に相談するようにしましよう。




リンパ浮腫の予防と対策


下肢のリンパ浮腫の原因は,脚の使いすぎによる疲労や,静脈の流れが滞ることなどが原因で起こります。

また,けがや感染から起こる炎症もリンパ浮腫の原因となります。

したがって,これらの日常生活では、これらの原因をできるだけつくらないように日常生活を工夫することが大切です。

具体的な対策としては,就寝時に足の下にマットを敷いたりして,足を上げることや,疲れたら十分休養をとる,皮膚をいつも清潔にし,脚に傷がついたらすぐに消毒するなどを心がけることで,予防していきます。

特に,長時間正座をしたり,長時間車に乗り,同じ姿勢をとったりすると,血液やリンパ液が滞りやすくなります。

このような場合は,足の指を動かしたり,脚を伸ばす,靴からスリッパなどに履き替えるなどして血流をよくし,むくみを予防しましょう。




前立腺がんの治療後に,患肢にむくみを感じたら,重症化する前に,すぐに受診することが大切です。

治療方法としては,リンパ管と静脈をつないだり,波動型マッサージ器で圧迫するなどの方法があります。

現在,国際リンパ学会で標準とされている治療法は,圧迫下の運動療法,リンパマッサージ,スキンケア,圧迫療法を組み合わせた複合的理学療法です。

 





   
 
 スポンサードリンク
   
 
 
 
 
 
  
   末期でもあきらめない! 世界が認めた抗ガン漢方薬! サンプル無料!
 
 
Copyright(C)2015 All Rights Reserved 
webmaster  k.kobayashi