前立腺がんの放射線療法 

  前立腺がんではメリットの多い放射線療法
       
       

  

「前立腺がんの治療」ホームへ
 
   

前立腺がんの放射線療法

 
前立腺がんの原因 
主な症状
前立腺がんの生存率
検査・PSA 
生検とグリソンスコア
前立腺生検 
前立腺がんの病期 
ノモグラムとは 
リスク分類
各腫治療法 
治療法の選択 
手術
放射線療法 
外部照射による治療
ブラキセラピー
内分泌療法 
抗がん剤治療 
無治療PSA監視療法
HIFU(ハイフ)治療 
再発・合併症対策 
骨転移 
再発と再燃への対処
尿失禁の対策 
リンパ浮腫の対策 
性機能障害の対策
排尿・排便障害 
内分泌療法の副作用
患者の食事の注意点
日常生活の注意点 
緩和ケア
疼痛の緩和 
前立腺肥大症とがん 
        
   

機器の進歩により根治も可能となった放射線治療


近年,放射線治療機器の進歩は大きなものがあります。

その大きな技術革新の一つに,腫瘍に向け,多方向から,腫瘍の形に合わせて照射するという定位放射線治療があります。

これは,3次元原体照射ともよばれるもので,日本で開発されたものです。

以前は,再発したり,転移した場合の痛みの緩和など,補助的に利用されるケースが多かったのですが,最近では,技術革新により,手術とならんで根治も可能な治療法として,期待されるようになってきています。

さらに,強度変調放射腺治療(IMRT)のように,照射位置によって,ビーム内に強弱をつけられる装置も開発され,より放射線の腫瘍への集中度を高め,周囲の正常組織への照射を抑えることに成功しています。

この強度変調放射腺治療(IMRT)は,特に,直腸や膀胱などの臓器に近接する前立腺がんの治療には有効と言われています。



機器の進歩によりメリットの多い放射線治療



放射線療法では,大きく分けて,前立腺に対して,体外から照射する外部照射と,内部から照射する小線源療法とがあります。

小線源療法とは,放射線物質を小さなカプセルの中に入れ,それを前立腺の腫瘍組織内に埋め込み,それから発せられる放射線で,がんを死滅させようというものです。

放射線療法は前立腺がんのほぼすべての病期で適応でき,手術やホルモン療法よりもメリットの多い治療法といえます。

手術では,男性機能不全や尿失禁,下肢のむくみなどがおこることがあり,ホルモン療法では,治療後数年で,患者の半数以上に効果がみられなくなります。

しかし,前立腺がんの放射線療法は,根治が期待でき,手術のような後遺症も少なく,QOLの低下を防ぐことができます。

また,身体に負担が少ないため,手術をおこなうだけの体力のない高齢者でも安全に実施することが可能です。

ただし,このような外照射の場合,副作用として皮膚の炎症や膀胱炎,直腸出血が起こることがあります。

このような副作用の程度や根治性は機器によっても,大きな格差があり,副作用が出にくく,治療効果の高い機器を選択する必要があります。

前立腺がんにおいて,放射線治療を実施した場合,注意しなければならない点もあります。

再発した場合,通常は前の照射により,正常細胞のダメージが残っているため,再照射はできません。

さらには,初回治療で,放射線療法を選択した場合,再発では,手術も難しいとされています。

以上のようなメリット・デメリットをよく考慮し,医師と十分に相談したうえで,治療法を選択する必要があります。



   

 
 スポンサードリンク
   
 
 
 
 
 
  
   末期でもあきらめない! 世界が認めた抗ガン漢方薬! サンプル無料!
 
 
Copyright(C)2015 All Rights Reserved 
webmaster  k.kobayashi