前立腺がんの内分泌療法(ホルモン療法) 

  前立腺がんのホルモン療法の目的は男性ホルモンの消去
       

  

「前立腺がんの治療」ホームへ
 
   

前立腺がんの内分泌療法(ホルモン療法)ー

 
前立腺がんの原因 
主な症状
前立腺がんの生存率
検査・PSA 
生検とグリソンスコア
前立腺生検 
前立腺がんの病期 
ノモグラムとは 
リスク分類
各腫治療法 
治療法の選択 
手術
放射線療法 
外部照射による治療
ブラキセラピー
内分泌療法 
抗がん剤治療 
無治療PSA監視療法
HIFU(ハイフ)治療 
再発・合併症対策 
骨転移 
再発と再燃への対処
尿失禁の対策 
リンパ浮腫の対策 
性機能障害の対策
排尿・排便障害 
内分泌療法の副作用
患者の食事の注意点
日常生活の注意点 
緩和ケア
疼痛の緩和 
前立腺肥大症とがん 
         
   

内分泌療法の目的は,男性ホルモンの除去による腫瘍の一時的な縮小


前立腺が,男性ホルモンの支配を受けていることから,前立腺がんの治療には内分泌療法(ホルモン療法)が有効です。

この前立腺がんの内分泌療法は,高齢者にも負担なく行うことができるというメリットもあり,腫瘍を小さくする効果が期待できます。

前立腺がんは,アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンの影響で,増殖していきます。

したがって,男性ホルモンの分泌やその作用を抑えることで,がん細胞の増殖を抑制することができます。


ただし,内分泌療法(ホルモン療法)の問題は,前立腺がんの細胞の一部にはホルモンの影響を受けないものも存在するだけでなく,ホルモン療法を継続していくと,途中からがん細胞の一部がホルモンに対する抵抗性を持つものも現れてしまうという点にあります。

ホルモン療法の開始当初は,ホルモン感受性のある細胞が仮死状態となるため,大きな効果を示します。

しかし,内分泌療法を数年続けていると,ホルモンに影響されないがん細胞が再び増殖し,再燃と呼ばれるがんの状態になる場合が多くなります。

この治療は,根治を目指すものではなく,あくまで腫瘍の一時的な縮小なので,どのような時期に,内分泌療法を始めるかという判断も重要になってきます。



   
 
 スポンサードリンク
   
 
 
 
 
 
   

内分泌療法(ホルモン治療)の種類


前立腺がんの内分泌療法には,大きく分けると外科的去勢術(徐睾術(じょこうじゅつ))や,LH−RH(黄体化ホルモン放出ホルモン)アゴニスト」を使用した薬物療法に分けることができます。

最近では,2種類の男性ホルモンを同時に抑制するために,薬剤を併用する「MAB(CAB)療法」も多く取り入れられるようになってきています。

また,抗アンドロゲン薬を単独で使用したりする場合もあります。

さらには,投薬期間と休薬期間を繰り返し,薬剤の効果を少しでも延長させようという内分泌間欠療法をおこなう場合もあります。



徐睾術(じょこうじゅつ)

徐睾術とは外科的に睾丸(精巣)を取り除くことで,男性ホルモンの分泌を根本から止めることで,前立腺がんの増殖を抑制しよういう治療法です。
 
この徐睾術は,肉体の一部を失うという喪失感もあるため,希望しない患者も多く,現在では,外科的徐睾術と同等の効果があるとされるLH-RHアゴニスト剤の登場により,この治療法は,減少傾向にあります。


LH-RHアゴニスト製剤

アゴニストとは受容体に結合して反応を引き起こす物質をいい,LH-RHアゴニスト製剤とはLH-RH受容体に結合することで,生体内のLH-RH(黄体化ホルモン放出ホルモン)と同様の機能を持つ薬剤です。

LH-RHアゴニスト製剤は脳の下垂体を刺激し,LH(黄体化ホルモン)を放出させ続けることで,LH(黄体化ホルモン)が枯渇させることで,精巣でのテストステロンも産生されなくなり,がん細胞の増殖も抑制されます。


抗アンドロゲン製剤

前立腺がんのがん細胞が,男性ホルモンの一種であるアンドロゲンの作用により,増殖します。

この薬剤は,アンドロゲンを抑制することで,がん細胞の増殖を阻止するはたらきがあり,ステロイド性の酢酸クロルマジノンや非ステロイド性のビカルタミドやフルタミドがあります。


MAB(CAB)療法(Maximum / Combined Androgen Blockade)療法

このMAB(CAB)療法とは,すでに述べた,LH−RHアゴニストと抗アンドロゲン薬の併用療法です。

このMAB療法では,精巣から分泌される男性ホルモンであるテストステロンをLH‐RHアゴニストで抑制しながら,副腎から分泌される男性ホルモンも抗アンドロゲン薬で抑制することで,男性ホルモンを最大限抑えようとする治療法です。


内分泌間欠療法

内分泌療法の効果は一時的なもので,2〜10年ほどで効かなくなるというデメリットがあります。

そこで,この
内分泌療法を一定期間休止したり。再開することを繰り返し,効果の持続期間を少しでも先延ばししようと工夫された投与法です。

この方法ですと,投薬量も減るため,身体的負担や経済負担が少ないというメリットがあります。


内分泌補助療法

内分泌補助療法とは中心となる治療の前後に,補助的に行う内分泌療法をいいます。

前立腺全摘除術や放射線治療のみでは,根治が困難な前立腺がんに対して,がんを縮小させる目的で,施術前に行う治療を「ネオアジュバント療法」といい,再発抑制や生存率の向上を目指して,追加治療を行うことを「アジュバント療法」といいます。

ただし,この治療法を行うのは主に中〜高リスクの人であり,低リスクの人はあまり治療効果が変わらないので必要はないとされています。



内分泌療法(ホルモン治療)の副作用


内分泌療法では,ホルモンの影響を受けるため,副作用として更年期障害に似た症状があらわれる場合があります。

具体的な副作用としては,ほてり,のぼせ,発汗などのホットフラッシュ,筋力低下,性機能障害,骨粗鬆症などがみられます。

ホットフラッシュは,のぼせや顔のほてり,急な発汗などで,ホルモン療法を受けた場合,半数以上の人にみられます。

また,筋力低下は著しく,これにより代謝機能が低下し,体重が増加しやすくなり,さらには糖尿病にもなりやすくなると報告されています。

骨粗鬆症にもなりやすく,骨密度をまめにはかり,牛乳やヨーグルトなどの食品でカルシウムを補ったり,投薬治療が必要となる場合もあります。


   
  
   末期でもあきらめない! 世界が認めた抗ガン漢方薬! サンプル無料!
 
 
Copyright(C)2015 All Rights Reserved 
webmaster  k.kobayashi