HIFU・ハイフ(高密度焦点式超音波療法) 

  HIFUは前立腺の限局がんに何度でも治療可能
       

  

「前立腺がんの治療」ホームへ
 
   

前立腺がんのHIFU(高密度焦点式超音波療法)

   
前立腺がんの原因 
主な症状
前立腺がんの生存率
検査・PSA 
生検とグリソンスコア
前立腺生検 
前立腺がんの病期 
ノモグラムとは 
リスク分類
各腫治療法 
治療法の選択 
手術
放射線療法 
外部照射による治療
ブラキセラピー
内分泌療法 
抗がん剤治療 
無治療PSA監視療法
HIFU(ハイフ)治療 
再発・合併症対策 
骨転移 
再発と再燃への対処
尿失禁の対策 
リンパ浮腫の対策 
性機能障害の対策
排尿・排便障害 
内分泌療法の副作用
患者の食事の注意点
日常生活の注意点 
緩和ケア
疼痛の緩和 
前立腺肥大症とがん 
        
   

HIFU(高密度焦点式超音波療法)は超音波で腫瘍を焼灼


HIFU(ハイフ)による前立腺がんの治療は肛門からプローブと呼ばれる超音波発振器を直腸内に挿入し,前立腺に強力な超音波を照射することで,がん細胞を超高温で焼いて凝固,壊死させるというものです。

HIFUは,ヨーロッパ諸国では,早期の前立腺がんの低侵襲療法として実績があり,アメリカでも臨床試験がおこなわれ,日本でも1500例以上の治療が行われている最新治療法といえます。

強力超音波は,焦点に集中させると,超音波エネルギーが瞬時に80〜100度という高い熱エネルギーに変わりますが,焦点から5mm離れた場所では温度は50度までしか上がりません。

したがって,強力超音波を利用しているHTFUは,標的となる前立腺がんの組織を高熱で焼失させますが、周囲の正常組織には影響を与えません。

焦点の移動は,コンピュータが自動で行い,前立腺がんでは限局がんといえど,前立腺全体に拡散している可能性が高く,前立腺全体を焼灼しています。


HIFUの治療成績については、根治的前立腺全摘除術や放射線療法の外照射(3D‐CRTなど)とほぼ同等であったとの報告があります。
 



HIFUによる前立腺がん治療のメリット


前立腺がんに対するHIFU治療の優れた点は,出血がなく,安全性が高いということです。

前立腺全摘除術と比較しても,患者さんの身体的負担やダメージは少なく,放射線治療のような副作用や後遺症もきわめて少ないので,高齢者にも使用可能です。

入院期間も3〜5日と非常に短く,外来での治療も可能で,何回でも繰り返し治療ができるのも大きなメリットの一つです。

手術療法や放射線療法後に起きたがんの再発にも用いることができ,特に放射線療法後の再発にはよい治療効果をもたらすことが報告されています。


放射線療法でPSA値が低下してもその後再発する場合もあり,この場合,細胞がダメージを受けているため,再照射は困難です。

また,照射した部位は癒着してしまっているため,手術も困難な場合が多いといえます。

このような場合はホルモン療法が行われますが,数年で効果がみられなくなることが多いという問題もあります。

HIFUなら,放射線療法後の再発でも,がんが前立腺内にとどまっていれば,治療は可能です。



HIFUの治療適応


前立腺が大きな場合,HIFUの治療の前に内分泌療法をおこない,前立腺の腫瘍を縮小させ,実施する方法もあります。

HIFUで治療するためには以下の条件があります。

1.前立腺がんにとどまる限局がん 2.グリソンスコアが7以下
3.治療前のPSA値が20以下   4.前立腺の体積が40ml以下

ただし,上記の4つの条件を満たしても,前立腺内1cm以上の大きな石灰化がある場合や痔など直腸肛門疾患がみられたり,病気で肛門が狭窄している場合には,治療できないことがあります。



HIFUの副作用



HIFUの問題点は,手術直後に前立腺を加熱したことが原因のむくみがあらわれ,排尿困難を起こすため,2週間から4週間はカテーテルを挿入したままにすることが必要になるということです。

また,合併症として,尿道狭窄症が約17%の患者にみられ,拡張器具による経尿道的尿道拡張術や内視鏡的狭窄切除が必要となることもあります。

カテーテル抜去後に一過性の失禁や尿路感染が報告されていて,前立腺肥大症の術後と同じような自己管理が必要になりますが,日常生活には特に支障はありません。

HIFUの重篤な合併症として約1%の頻度で起こる直腸瘻は,複数回のHIFU照射例や,放射線治療後の再発に対するHIFU照射例で見られる傾向があり,十分な注意が必要です。

また,ED(勃起障害)も手術後,半年で42%,一年で32%,二年で約26%の患者にみられます。

ただし,これは手術や放射線療法に比較するとかなり低い値といえます。



HIFUの治療成績



前立腺がんに対するHTFU治療を行っている東海大学の内田豊昭博士の報告では,273例の患者さんの治療後6年間では,

「PSA値が10ng/ml以下では93%,PSA値が10ng/mlより大きく20ng/ml以下では75%の人がPSA再発をすることがなかった。」
という優れた成績を報告しています。

治療費に関しては,保険適応が認められていないため,現在のところ自己負担となります。

その額は,およそ入院費を含め,80万円から120万円程度かかるようです。


現在,この新しい治療法は,全国でも実施している病院は少ないという現状がありますが,以下に紹介しておきます。

HIFU実施病院一覧


   
 
 スポンサードリンク
   
 
 
 
 
 
  
   末期でもあきらめない! 世界が認めた抗ガン漢方薬! サンプル無料!
 
 
Copyright(C)2015 All Rights Reserved 
webmaster  k.kobayashi