前立腺がんの原因

   
  前立腺がんの主な原因は食生活の変化・高齢化・遺伝  
       
       
「前立腺がんの治療」ホームへ
 
   
 

前立腺がんの原因

   
 
前立腺がんの原因 
主な症状
前立腺がんの生存率
検査・PSA 
生検とグリソンスコア
前立腺生検 
前立腺がんの病期 
ノモグラムとは 
リスク分類
各腫治療法 
治療法の選択 
手術
放射線療法 
外部照射による治療
ブラキセラピー
内分泌療法 
抗がん剤治療 
無治療PSA監視療法
HIFU(ハイフ)治療 
再発・合併症対策 
骨転移 
再発と再燃への対処
尿失禁の対策 
リンパ浮腫の対策 
性機能障害の対策
排尿・排便障害 
内分泌療法の副作用
患者の食事の注意点
日常生活の注意点 
緩和ケア
疼痛の緩和 
前立腺肥大症とがん 
    
   

発生のしくみ


前立腺には,前立腺液をつくる管状腺が数百本存在しています。

この管状腺をつくる細胞は,ゆっくり増殖した後に,下層にあった古い細胞と交代し,古い細胞は死滅します。

正常な組織では増殖する新しい細胞と,死滅する古い細胞の数が一定の割合で存在し,バランスがつねにとれています。

ところがこの細胞が突然変異でがん化すると,死滅しないで徐々に増殖して,正常な腺細胞を破壊していくのです。



発生の原因


他の多くのと同様に,発生原因は,はっきりとはわかっていません。

しかし,ホルモンが増殖を促進させ,食生活の欧米化が一つの要因であることは間違いなさそうです。

また,トップページでも述べているように,この腫瘍は70歳代の発症がピークです。

戦後,平均寿命が大幅に伸びたことも,この発生の増加の原因といえます。



近年,日本において前立腺がんが急増している原因として,戦後日本人の食生活が高脂肪食に変わってきたことが指摘されています。

統計学上,脂肪を多く摂取する人は前立腺がんになりやすく,逆に野菜や繊維質のものや,魚を多く食べる人はなりにくいと報告されています。

たとえば,日本人とハワイ在住のの日系2世との比較では,日系2世の方が発生率が高いことからも,食生活の違いが原因の一つとして指摘されています。



また,前立腺の細胞は男性ホルモンと女性ホルモンの両方があるとき,最も刺激を受け,増殖することがわかっています。

脂肪細胞には,男性ホルモン( アンドロゲン)を女性ホルモン(エストロゲン)に変換する作用があることから,肥満の人は,男性ホルモンと女性ホルモンの両方の刺激を受けやすく,発症しやすいという説もあります。

さらに,脂肪細胞が分泌するレプチンは,血管を新しくつくる作用を促進させるために,腫瘍の進行と転移に関わっているという研究報告もあります。



また,この前立腺がんの発症には,遺伝的要素も大きく関わっており,父親,兄弟,息子などの第一近親者が発症している場合,発症頻度は,一般の人の2倍〜10倍あるといわれています。

したがって,人種間の発症頻度にも大きな差があり,1位が黒人,2位が白人,3位が黄色人種です。

これは,遺伝子により,血液中のアンドロゲン濃度が異なるためといわれています。


   
             
 
   
 スポンサードリンク
   
 
 
 
 
 
  
   末期でもあきらめない! 世界が認めた抗ガン漢方薬! サンプル無料!
 
 
Copyright(C)2015 All Rights Reserved 
webmaster  k.kobayashi