内部照射による放射線療法・前立腺がんの治療 

  前立腺がんの治療に小源線治療(ブラキセラピー)は有効
       
       

  

「前立腺がんの治療」ホームへ
 
   

前立腺がんの小線源療法・ブラキセラピー

   
前立腺がんの原因 
主な症状
前立腺がんの生存率
検査・PSA 
生検とグリソンスコア
前立腺生検 
前立腺がんの病期 
ノモグラムとは 
リスク分類
各腫治療法 
治療法の選択 
手術
放射線療法 
外部照射による治療
ブラキセラピー
内分泌療法 
抗がん剤治療 
無治療PSA監視療法
HIFU(ハイフ)治療 
再発・合併症対策 
骨転移 
再発と再燃への対処
尿失禁の対策 
リンパ浮腫の対策 
性機能障害の対策
排尿・排便障害 
内分泌療法の副作用
患者の食事の注意点
日常生活の注意点 
緩和ケア
疼痛の緩和 
前立腺肥大症とがん 
       
   

前立腺がんで有効な小線源療法(ブラキセラピー)



小線源療法は組織内照射法とも放射線療法の一種であり,前立腺がんの治療法としては,新しい治療法です。

アメリカでは,すでに1990年ころから行われ,現在では,標準的な治療として定着し,年間約5万人がこの治療を受けています。

日本で,この治療が承認されたのは2003年で,保険適応となっています。

  小線源療法(ブラキセラピー)は高い線量の放射性物質であるイリジウムを一時的に挿入する方法(HDR=high dose rate brachytherapy)と,低い線量のヨウ素を永久に挿入したままにしておく方法(LDR=low dose rate brachytherapy)があります。

現在,小線源療法と言えば,多くがヨウ素を用いたLDRでおこなわれています。

この小線源療法は,前立腺がんには特に有効といわれ,メリットの多い治療法です。

シード線源チタン製カプセル
 


前立腺がんの,この小線源療法による成績は,手術と同等であり,開腹手術が2週間程度入院しなければならないのに対して2泊3日ですむことも多く,入院期間が短いことも大きなメリットです。

男性機能障害や,排尿障害などの合併症も少なく,これは手術よりもこれらの機能が維持しやすいとされる外部照射よりさらに少ないといわれています。




高い治療成績を誇る小線源療法(ブラキセラピー)


すでに述べたようにこの小線源療法(ブラキセラピー)は前立腺がんにおいて優秀な成績をあげています。

最近のアメリカでの小線源療法(ブラキセラピー)治療成績を以下に示しました。


   5年後の治癒率  10年後の治癒率
 治療法 手術   外部照射 ブラキセラピー単独  ブラキセラピー
+外部照射 
実施施設  ペンシルベニア
医科大学
 
ブリガム&
ウィミンズ病院
メモリアル
ケタリング
がんセンター
 
シアトル前立腺研究所 シアトル前立腺
研究所
 
低リスク群 85% 83%  90%  87%  85% 
中リスク群  65%  50%  70%  76%  77%〜93%
高リスク群  32%  28%  47%   データ無し 46%〜57%

上記の表からもわかるように,外部照射は,5年後の治癒率において,低・中・高リスク群すべてを上まわり,放射線治療の優位性を示しています。

10年後の前立腺がんの治癒率においても小線源治療であるブラキセラピーは低リスク群では同じものの,中・高リスク群では手術をうわまっています。



ヨウ素251密封小線源療法の実際


ヨウ素125密封小線源永久挿入療法(ブラキセラピー)では,直径約0.8mm,長さ約4.5mm程度のチタン製カプセルに,ヨウ素251を密封します。これをシード線源と呼んでいます。

このシード線源を前立腺のなかに100個程度埋め込んで治療します。

手順としては,まず腰椎麻酔を行い,肛門から超音波検査用のプローブを挿入します。

ブローブの発振する超音波のエコー画像を見ながら,会陰部から前立腺内にアプリケーター針と呼ばれる針を20本ほど刺します。

その針を通してチタン製カプセルのシード線源を前立腺内に埋め込んでいきます。


コンピュータにより,シード線源の最適な場所を決定し,1時間程度で挿入されていきます。

挿人後は痛みや違和感などはありませんが,麻酔の影響で,起き上がると頭痛などがみられることもあり,翌朝までは,横になっています。


この治療法の適応条件

低リスク(PSA<10ng/mlで,グリソンスコア6以下,T分類T1かT2a。この
項目のすべてを満たす)では,問題なく適用でき,根治が期待できます。

低リスクでも,前立腺の大きさが4Omlを超えている場合,前立腺の一部が骨盤に入り込むため,シード線源は挿入できません。

その場合には,内分泌療法で前立腺を小さくしてから小線源療法を実施します。

中リスク(PSA10〜20ng/ml,またはグリソンスコア7。またはT分類のT2bかT2c,これらのうちいずれか)
以上の人は、外照射療法などほかの治療と併用する必要があります。

前立腺内に著しい石灰化かある場合,超音波エコーでのモニターがむずかしいため,小線源療法はあまり向いていません。



副作用,合併症,後遺症

小線源療法(ブラキオセラピー)では,周辺臓器への影響は少なく,日常の生活に支障となる障害は起こらないいわれていますが,合併症や副作用が全く起こらないわけではありません。

早期の合併症として、治療後の日1〜2日めに,会陰部がはれた感じや会陰部に痛みがでる場合がありますが,これは前立腺のはれによる症状で,たいていは1ヶ月以内で治ります。

また,頻尿や排尿困難なども約半数の患者にあらわれますが,通常は1〜2ヵ月で治ります。

晩期の合併症としては,肛門からの出血や勃起障害(ED)などが起こることがあります。

なお,小線源療法(ブラキオセラピー)の治療後には前立腺はしだいに小さくなるため,前立腺肥大による排尿問題は自然に解消されるとされています。

性機能については,治療の5年後に70〜80%が性機能を維持していたという報告がありますが,勃起機能の弱まりや勃起障害がみられると,バイアグラやレビトラなどの薬剤を服用すれば回復することができます。





注意点

シード線源は前立腺に永久に入れたままにしますが, 通常は,埋め込んでから2ヵ月経過すると,放射線量は半分になり,1年後にはほとんど照射されなくなります。

また,シード放射線量は微量であり,周囲の人との接触など,特に問題はないとされています。
 
ただし,念のため,放射線がほとんど放射されなくなるまでの1年間は,妊娠した人の隣に長く座ったり,幼い子どもを長時間ひざにのせたりするのは,避けるようにします。

治療後は受精能力が落ちると考えられ,妊娠させる可能性はあるので,最低でも18か月間は注意が必要で,パートナーとの性交渉も,コンドームを使用することが望ましいでしょう。


父親になる意志のある患者は,遺伝子異常を避けるため,事前に精子バンクを利用するという方法も考えられます。


まれなことですが,尿や精液にまじって,シード線源が体外に排出されることがあります。

見つけたらすぐに,手ではふれずに,スプーンなどでとって,小線源療法を実施医療機関へ持参します。





退院後の定期検診

退院後は1か月後に検診があり,PSA検査,排尿・残尿量検査,胸のレントゲン
検査などを受けます。

通常,PSA値はゆっくりと低下しますが,急速に低下する場合もあります。

最初の1年間は3か月ごとの定期検診があり,PSAを中心に検査を受け,定期検診は2年めからは半年に一度どになり、そして,年に一度になります。

全米総合がんネットワークが2004年に改定したガイドラインでは,治療後10年にわたって,年に一度のPSA検査を薦めています。


   
       
   
 
 スポンサードリンク
   
 
 
 
 
 
  
   末期でもあきらめない! 世界が認めた抗ガン漢方薬! サンプル無料!
 
 
Copyright(C)2015 All Rights Reserved 
webmaster  k.kobayashi